震度6強から震度7位まで耐えられる賃貸マンションの地震への強度

サイトマップ

トップバナー

賃貸マンションの地震への強度

マンションの強度は強い

今のマンションには、耐震構造、免震構造、制震構造などがあり、震度6強から震度7位まで耐えられる造りでなければならないとが新建築基準法で決まっています。特に地震の揺れを抑えてくれる免震構造のマンションは安全性に特化し、阪神大震災の時にも被害が少なくてすんだそうです。

マンションの地震対策で一般的に使用される耐震構造ですが、マンションの強度は強いですが、地震の揺れを直で受けてしまうので、家具が倒れて壊れたりといった被害が出やすいというデメリットも知っておきましょう。

万が一の時用に家具の固定を

万が一の時用に、家具を固定し、食器が落ないような工夫を施しておけば、このデメリットを避けることができます。 そして特に注意を払うところは、1981年の建築基準法の改定前の基準法の下で建てられたマンションです。

わかりずらい言い方をするのは、改定前に地震への強度の基準を合格し、改定後にできたマンションもあるからです。 建築基準法改定前の地震への強度は、震度5までとされていました。つまり、震度6以上の地震がきた場合は危ないのです。ですので、賃貸マンションを借りる際は、築年数の把握し、また、建築基準法は改定前か後か、もしっかり確認しておかないといけません。

マンションの地震対策

インターネットイメージ

ご承知のとおり、日本は地震が多いです。ですので、マンションを借りる 時に地震対策は気になるのは当然です。マンションの地震対策は その構造にあります。耐震、免震、制震の3つのタイプがあります。 耐震構造は、柱や梁を太く、また、壁を厚くし、地震に十分もちこたえ られる造りなのです。

マンション自体の強度はあがりますが、揺れ自体を受 けるので、家具が倒れたり、壁ににひびが入ることもあります。 地震対策として一番一般的な造りで、強度の基準は今では 新建築基準法の下、強化されましたが、1981年の建築基準法の改定 前のマンションはやはり強度に不安を感じます。

ポイントイラスト メンテナンスにお金が結構必要な場合が普通

免震構造は、地震の揺れ自体を軽くするのに、積層ゴム等の装置がマンションの基礎部分 につけられています。積層ゴム等を地盤の間でクッションとしておくことで、揺れを抑 えることになりますので、家具が倒れたりする被害は少なくなりますが、メンテナンスに お金が結構必要な場合が普通のようです。制震構造 は、超高層マンションでよく使用される構造です。地震の揺れをダンパーと呼ばれる制震装置で、 建物自体が揺れを吸収させる仕組みだそうです。この仕組みがあるところは、大きな地震がきても建物が倒壊する可能性は 低いといえます。地震大国ですので、この辺のチェックも確実にしておく必要があります。

賃貸マンションの種類の基礎知識