料金と賃貸の知識を身につけて最適な物件探しをしましょう。

サイトマップ

トップバナー

料金と賃貸の知識

新築や築年数が経っていない物件は高くなる

賃貸料金は、物件の形態や部屋数、平米数、場所、築年数などでどんどん変わります。どうしても、駅近くや沿 線がたくさんある交通の便が良好な場所、新築や築年数が経っていない物件はどうしても高くなります。

反対に、築年数や場所などあまり、気にならない方は、1LDK、2DKも、1Kや1ルームと同じく らいのリーズナブルな賃料で借りられることもあります。賃料を気にするのか、それとも利便性を気にするのか、 という所が悩みのタネになるのですが、ご自身の払える金額を考えて、バランスをとることが大事なのです。

マンションの方がアパートよりも値段が高い

駐車場には、無料の所と賃貸料金と別途になる場合があります。値段は物件によって、数百円と安いものから1万円異常と相当幅があります。また、マンションの方がアパートよりも値段が高いことが多いですが、その分、鉄骨筋であり、セキュリティや防音などが良い点が利点になります。

管理費や共営費もマンションのほうが高めになっているようです。 賃貸料金はバストイレ別、や条件により変わります。南向きで日当たり が良い角部屋は人気がとても高いです。上記のような条件にはいらず、 方角や日当たりが悪い場所は、賃貸料も安くことが多いようです。 また、同じ建物でも、大きさや作りが違うアパートやマンションも あり、それで料金も変わってきます。

賃貸の知識

指さしする女性

物件を探すときは、やたらと探すより、希望の条件等を選択しておき、 効率よく回ったほうが時間の短縮にもなり、物件も見つかりやすいです。 また、初めて賃貸物件を借りる時は専門用語などわからないと思うので、 ある程度勉強して覚えておくと、不動産屋とも話しやすくなります。

ポイントイラスト 専門用語を知っておけば不動産屋と話がしやすい
マンションイメージ

例えば平米の意味やロフトの意味とは?などなど、 専門用語を知っておけば、自分のスタイルにピッタリの条件で探す時に、 不動産屋と話がしやすいので、時間短縮にもなりますよ。

また、部屋の見に行く時には、カビ、収納スペースや 、周囲の環境など、実際の生活を想像しながら、問題 になるようなところがないか確認しておきましょう。 騒音などは、場所にもより違いますので、朝、昼、晩 と確かめて見るのが一番です。そんなに時間をかけないといけないのかと思うかもしれませんが、 これから住む場所なので、そのくらいは必要なのです。

賃貸マンションの種類の基礎知識