偽造マンションや欠陥マンションは普段の生活にまで支障がでることも

サイトマップ

トップバナー

偽造マンションや欠陥マンションに注意

安全性の確保は必要

地震が多発する日本にいる限り、地震への準備は必要です。地震が起きた時に転倒を防止するための、タンスや食器棚を固定器具を買ったり、大切なものはまとめて置いてわかりやすい場所におくなど、万が一の時に寝室に靴をおいておくなど、安全性の確保は必要です。

偽造マンション

しかし、家自体が倒れてしまっては、地震に準備がしてあっても意味がありません。普通、建築基準法では現在の建物は震度6強から震度7位の地震であれば、もちこたえられるようにするように定められています。

ただ、偽造マンションというのがあり、住民の心配をよそにして、安全性を無視し、コスト削減のために構造計算書の偽造されることも実際におきています。残念ですが、これが現状なのです。

欠陥マンション

マンションは法律で定められた基準によって建築されています。 しかしながら、欠陥マンションもやはり存在します。手抜き工事によって安 全性がかけていたり、決められている基準が守られていないケースもあるのです。

耐震偽装マンションが一時話題になったように、耐震機能に関して基準を 守っていなければ、耐えられる震度の地震でもマンションが倒壊して しまう可能性も大なのです。欠陥マンションは普段の生活にまで支 障をきたしてしまうこともあります。災害時にはとてつもない 事態を引きおこしかねないのです。

ショックの女性

自分の住んでいるマンションが欠陥マンションだった時のショックは 考えたくもないほどです。欠陥マンションを選んでしまわないように、 マンション見学の時はしっかりとチェックをする必要があります。 ただ、外見から見えるところは素人でもわかりますが、建て物の内部、 構造や素材は素人では到底わかりません。

ポイントイラスト 一緒にきて見てもらうのがベスト

なので、もし知り合いに建築に詳しいい人や建築関係の仕事を している人がいれば、一緒にきて見てもらうのがベストでしょう。いない場合でも心配な場 合は専門家で出張してくれるところもありますので、依頼するとよいです。 有償の場合が多いですが、無料対応してくれるところもあります。

賃貸マンションの種類の基礎知識