様々な問題を起こすシックハウス症候群

サイトマップ

トップバナー

シックハウス症候群

一戸建てでもありえる症状

賃貸マンションすむトラブルの1つにシックハウス症候群というのがあります。マンションで多く確認されているものですが、実は一戸建てでもありえる 症状なのです。シックハウス症候群は、マンションを建てる時に使用される接着剤や塗料や防腐剤からでるホルムアルデヒドと呼ばれる物質などに で起きるものです。

呼吸器疾患やうつ症状なども

ホルムアルデヒドが起こす症状は、頭痛、湿疹等など少量でも体に悪影響を引き起こす中毒性のある物質と言われています。シックハウス症候群の症状は、他にもあり、呼吸器疾患やうつ症状などもあったりします。シックハウス症候群は大きな話題となり、現在ではホルムアルデヒドなどを使うことに関して制限があります。

ホルムアルデヒドについて

特にホルムアルデヒドは発がん性のある物質とも言われていますので、 健康的に暮らすには可能な限り使用されないことがよいです。その他に シックハウス症候群の要因で、カビやダニなど一般的に知られてるハウスダストと 呼ばれるアレルゲンも存在します。

ポイントイラスト 病院でもシックハウス症候群が発生
体調不良イメージ

新築マンションの場合は気密性が高く、マンションを建てる時にでた湿気 でカビやダニが増殖しやすい状態なので、頻繁に掃除や換気をすることが大事です。 マンション等の住宅だけでなく、病院ですらシックハウス症候群が発生して いたこともあるそうです。今は、シックハウス症候群の予防で原因物質 使用しない接着剤などや、呼吸する壁と呼ばれる珪藻土が有名になってきて います。これらを使用することにより、シックハウス症候群などを未然に 防ぐことができるのです。

賃貸マンションの種類の基礎知識