よくあるトラブルの種類

サイトマップ

トップバナー

起きやすいトラブル

想定外の色々な問題について

マンションでは想定外の色々な問題があります。せっかく借りたマンションでも、生活が始まってからでてくる問題も必ずのようにあります。マンション本体自体の問題としては、杜撰な設計や壁の薄さ、床の傾き、きしみ、水漏れなどの構造的な問題が代表的です。

生活環境については、マンション周辺環境の騒音の問題が非常に目立ちます。特に気を配るところは、周囲環境がどのようになっているのかを事前に行って確かめてみて、どのくらいの問題が起きそうなのかなどを、よく確認しておくことです。

しっかりと確認をしておかないと問題になる

また、周囲で騒音だしそうな工事が行われていないか、マンションの前に大きな建物があって景色が損なわれたり、部屋が日陰にならないか、なども注意して調べておきましょう。残念なことですが、法律違反で耐震構造などにトラブルがある場合もあるようです。

次にマンションでは共有部管理に関しても問題が置きやすいです。ゴミ捨て場や入口、階段等がきれいになっているか、不在住人のポストがちゃんと管理される体制があるか、など様々です。入居する前に管理組合や管理規約など面倒ですが、しっかりと確認をしておかないと問題になりますので、 注意しましょう。

住人同士のトラブル

マンションはもちろん集合住宅です。よって住民の生活スタイルによって トラブルがおきてしまうのは仕方ないと言えるでしょう。 生活の様式や、考え方、迷惑と思う程度のレベルや事項が違ったり することで問題がでてきます。普通の行動が、実は他の人には迷惑だったりということ もあり得ます。

当然ですが、マンションは壁一枚のむこうにお隣さんがいることを 意識しなければなりません。際立って多いトラブルは、上下左右の 騒音トラブルになります。大きな音のオーディオのや、ピアノの音 や人がバタバタと動き回る音です。

ポイントイラスト ペットの問題
ペットイメージ

また、意外と知られていないのが、上階のトイレを流す音やドア開閉の 音など、マンションの構造のせいで、起こるトラブルもあるというのも 知っておきましょう。また、ペットの問題も多く、禁止事項に記載されて いないからという理由で飼っている方や、禁止を無視して秘密で飼っている 人などがよく問題となります。

特にペット禁止のマンションに関しては、当然ルール違反ですが、 禁止事項に書いていなくても、ペット飼育がOKだと自分勝手に思い こまずに、問題が起きる前に確認をするべきです。 また、ペット可をのマンション以外で、普通のマンションでも 個別にペット許可をもらっているケースでも、住人には動物が 嫌いな人も当然いますので、気を配らなければなりません。ペットを放し飼いにしたりするのはもってのほかです。 ペットを飼育する上での決まり事をしっかり守って飼うようにしましょう。守っていない場合、近隣トラブルから大きな ことになることも多くあります。

賃貸マンションの種類の基礎知識