賃貸マンションで起きる様々な防音

サイトマップ

トップバナー

賃貸マンションの防音

ストレスや精神的苦痛に

マンショントラブルでかなり多いのが、騒音問題なのはご承知の通りです。一度気になるときりがなく、ストレスや精神的苦痛になってしまいます。マンション外の騒音レベルを表わす方法でDBというのがあります。DB数値は低ければ、騒音レベルも低いことを表し、このレベルに対応している部屋の騒音レベルはNで表記されます。

この騒音トラブルをなんとかするための防音対策で、音がくる方に大きな家具を置いたり、厚いカーテンをしたり、防音ガラスに変えたりする方法が代表的です。マンションによっては、レベルは異なりますが、標準で防音ガラスをとりつけていたり、防音サッシやなどで対策をしているマンションもあります。

衝撃音も騒音トラブルの原因の一つ

また、マンションの上下階の衝撃音も騒音トラブルの原因の一つです。床から衝撃音の遮音等級はL値で表記されます。人が床の上で飛び跳ねるなどの音は重量床衝撃音、歩く音は軽量床衝撃音などとされています。Lで表される数値が低いければ遮音レベルも高いという意味になります。床からの衝撃対策 には、衝撃吸収カーペットを買うなどの方法もありますが、マンション構造や素材次第で防音ができないケースもあります。 完璧な防音、というのは実際に存在しません。一戸建てであっても、どうしても騒音は多少でます。マンションの場合は壁がつながって いるので、ある程度は仕方ないとあきらめる必要もあるのです。

アパートの騒音問題

騒音トラブルは鉄骨筋造りでさえ重大な問題となっているので、木造造りのアパートではさらに大変です。木造作りのアパートはマンションと比較すると遮音性も弱く、家族で住むケースが多いので、子供が暴れたりする音や外の声などがかなり問題になるようです。

元気な子供を注意するのは、親は心苦しいでしょうが、どうしても、子供がいる場合は、ご近所から文句がこないように気配りをどうしてもせざるをえないのが実情です。

ポイントイラスト 年頃のお子さんをお持ちの場合は1階への入居も対策に
マンション玄関

アパートのケースでは2階建てが多いので、天井からの音が騒音になり、1階の人に騒音として迷惑になるので、暴れまわる年頃のお子さんをお持ちでしたら、賃貸の時に1階を選択すれば騒音の対策の一つになります。ただ、アパートによっては、夜の静かな時間になると、ほんの少しの物音や会話までが筒抜け状態になることもあります。

アパートでどうしようもない場合については、アパートに住む人同士が、ある程度の音は妥協することが必要になります。ただ、なかなか簡単にそ う妥協できないケースも多いのが現実なので、トラブルを避けるように、生活の中で常識範囲の音にすることが 大事です。いくら鉄筋だといっても音を完全にシャットアウトすることは不可能なのです。ですので、大きな音をたてざるを得ないような場合は あらかじめ、お隣さんなどに声をかけておくとトラブルにならずにすみます。

賃貸マンションの種類の基礎知識