賃貸マンションにおける騒音問題

サイトマップ

トップバナー

騒音問題

1Rと1Kの違い

マンションは集合住宅なのは当然ですよね。マンションの形は1R、1K、1DK、1LDKなど部屋数と部屋の形態で表記されます。Rはルームを意味し、Kは台所、Dはダイニングを意味し、Lはリビングという意味です1Rと1Kの違いをみてみると、キッチンと部屋の間に仕切りがあるかどうかの差なのです。

仕切りがない所はは1R、仕切りがある所はは1Kとなるのです。学生マンションや独身で一人の場合は、1Rや1Lの賃貸が人気のようです。友達と一緒に住んだり、家族と暮らす場合は、部屋数がいりますが、その分賃貸料金は当然高くなりますよね。

良い物件でもリーズナブルな料金で借りられる時も

ただ、都心から遠かったり、駅から遠いマンションなどは、部屋数が多くて良い物件でもリーズナブルな料金で借りられる時もあるので注目です。遠くても安くて良い条件の物件なら構わないという方は遠くの不動産屋に訪ねてみるのもよいですよ。

騒遮音性、防音性

マンショントラブルの大きな要因である騒音は、構造の問題だったり、住民の間での問題だったり、マンションの周囲環境の問題など様々です。マンションの構造が原因の場合は、遮音性、防音性の低さが理由です。

防音ガラスや二重サッシなどが騒音対策でよく使われますが、、GLと言われる壁は遮音性、防音性に弱く、それに加えて壁や天井の厚みまでにも関係してきます。

ポイントイラスト 子供が原因の騒音は一番のトラブルに
走る子供

壁の構造上、RCと呼ばれる構造は遮音性が良いです。住民の問題では、暴れたり、騒いだりするなど、音がでる原因が人の行為だったりします。子供が騒ぐ声や暴れる足音などは一番のトラブル原因です。

騒音は人によって、またどれだけの騒音で精神的苦痛になるかによって変わりますが、賠償問題になるケースもあります。人為的な場合は特に自分がマナーを守っているか、一度自分の生活を考え直してみてもよいかもしれません。

賃貸マンションの種類の基礎知識