賃貸マンションの種類の基礎知識を活かして自分に合ったマンション選び!

サイトマップ

トップバナー

学生賃貸マンション

賃貸マンションの種類はたくさんありますが、基礎知識としてしっておくと便利な賃貸マンションの種類をご紹介したいと思います。基礎知識 として、知っておくと便利ですよ。まず、学生マンションについてです。 この学生賃貸マンションは普通違い、住人は学生です。学生だけなので、 この学生賃貸マンションの種類では生活環境の違いで起こるトラブルや不安などを 軽くできることを基礎知識として知っておきましょう。 また学生賃貸マンションという種類は同世代の人達ばかりで、男性専用、女性専用といった 学生賃貸マンションの種類もあるので、一人暮らし初めてでも安心なのも基礎知識です。

学生賃貸マンションの種類にはベッド、冷蔵庫、テレビなど、家具つきのものがあるのも基礎知識です。賃貸マンションへ引越しに応じて色々買う手間がないのです。 また、この賃貸マンションの種類の基礎知識として、最終的には家具を揃える気でも、全部を一度に揃えると費用的にも大変なので、家具を揃えるお金ができるまで、家具付きタイプの学生賃貸マンションという種類に住むと便利に使うことが出来きるのも基礎知識です。

考える女性

門限があるなど制限がない

学生賃貸マンションは学生寮とは種類が違い、寮長が住んでいたり、門限があるなど制限がなく 自由なのも人気があるというのも基礎知識です。しかし、この種類の賃貸マンションには生活 管理がないのは魅力ですが、親は心配ですよね。特に親にとっては初めて学生賃貸マンションという 種類のマンションに一人暮らしをさせるのは初めてなので尚更です。

鍵イメージ

セキュリティが整っている

しかし、学生賃貸マンションという種類には部屋にはキッチンもあり、最近の賃貸マンションは オートロックなどセキュリティが整っているのも基礎知識と知っておくとよいです。 自炊すること身につけたり、自分の安全を考えるなど、自立を促すのにはこの種類のマンションは 適した賃貸マンションとも言えるのも基礎知識として知っておくと親も少し安心になりますね。

ペット可マンション

猫

次はペットが飼える種類の賃貸マンションの基礎知識です。犬や猫、猿、リス、鳥、など、 色々なペットを賃貸マンションで飼っている人がいます。ペットが飼える種類の賃貸マンション は動物は好きな人にとってはありがたいものですが、動物が苦手な人には、その存在は脅威なのも 基礎知識として必要です。

ペットが飼える種類の賃貸マンションでないのに、内緒でペットを飼っている人がいる、というのも残念ですが、賃貸マンションでの基礎知識になります。 通常の種類の賃貸マンションで生活環境を共通する限り、ルール違反はトラブルの元なのは当然の基礎知識ですよね。ただ、これも残念ですが、先の通り、動物好きな人、 嫌いな人も関係なく住んでいる通常の種類の賃貸マンションでペットのトラブルは かなり多いというのも基礎知識として知っておきましょう。

ポイントイラスト 空室を埋めるために大家がペットを許可される場合も

通常はペット禁止の種類の賃貸マンションでも空室を埋めるために住人に個々で 大家がペットを許可される場合もある、というのも基礎知識として知っておくと よいです。ただ、ペット可の賃貸マンションに比べると、鳴き声や部屋の破損等 やはりトラブルは多いのも基礎知識として押さえておきましょう。

また「ペット可」の種類の賃貸マンションでも、不動産で「ペット可」は 犬のことで猫は飼えない場合が大半、というのも基礎知識として必要です。 これは猫は修復が難しい柱で爪をとぐので大家が嫌がる、というのが理由だそうです。 これを知らず、ペット可の賃貸物件が多いから、と猫を飼ってしまい、引っ越しの時などに 不動産屋に行って、ネコが飼えない物件ばかりで大変な思いをする人が非常に多いのです。 実は私のその一人で他県に引っ越すハメになりました。都心ではある程度あるかもしれませんが、 地方では全くないケースもあるのです。ペット可がかなり増えているとはいえ、まだまだペット関連トラブルは 絶えないのが現状です。ペット好きと嫌いな人がいる以上、なくならない問題なのかもしれません。

相互リンク
https://www.sougi-sos.com/saijou/saitama/koshigayashi-saijou/
http://www.k-seek.com/
http://kaitori-kobe.net

敷金礼金0賃貸マンション

住宅イメージ

最近は特に増えている、敷金礼金0賃貸マンションという種類の基礎知識を持っていますか? 新規に賃貸マンションを借りる時、どんな種類の賃貸マンションであれ、 仕事や学校の都合、結婚など、何かきっかけがあるのは当然の基礎知識ですよね。 ただ、希望の賃貸マンションの種類に引っ越したくても、敷金、礼金、仲介手数料 など費用がかかり、なかな引越しできないものです。それを解決してくれるのが 敷金礼金0賃貸マンションという種類の賃貸マンションなのです。

現在は敷金礼金0賃貸マンションでも、保証人なしという条件までついた 条件が甘い物件も多く、引越しがしやすくなってきているのも覚えておきたい基礎知識です。 ただし、敷金礼金0円賃貸マンションという種類は借りやすいという大きなメリットと共に 大きなデメリットがあったり、代わりとなる条件が設定されている場合があることも 基礎知識として知っておかなければなりません。

ポイントイラスト 敷金について退室時にトラブルになりがち

特にこの種類の賃貸マンションは敷金について退室時にトラブルになりがちなので、 しっかりとした基礎知識が必要になります。普通の賃貸マンションの種類では、 退室時に破損した物は修繕する必要がありますが敷金を入れてあるので、修繕費も 少なくてすむのは皆さんご存知の基礎知識ですよね。

ただ、敷金0円賃貸マンションという種類は修繕費として充てられる敷金を入れてないので、退室時に多額の修繕費金額を請求されることも多々ある、というのをしっかり 基礎知識として覚えておきましょう。また他にも通常の敷金を払う賃貸マンションの種類では敷金の一部が家賃滞納の際に充当されることが多いですが、敷金0円賃貸マンションという種類 は敷金を払っていないので、滞納すると即鍵を替えられ、家に入れなくなった、という ケースをよく耳にしますので、この点も基礎知識としてしっかり押さえておきましょう。敷金が必要ない、というのは初期費用にお金をかけられない 人にとってはうれしいことではありますが、逆にこのような点で厳しい環境にあることも覚えておく必要があるのです。

相互リンク
http://www.geocities.jp/tomato3171/
http://www.katou-dent.com/
http://xn--toro5h9x3aofehk521i.biz

駅直結賃貸マンション

次は駅直結マンションと呼ばれる種類のマンションです。 賃貸マンションを探す時、交通の便が良いことは大変に重要視される 条件なのは誰もが持っている基礎知識ですよね。この種類の賃貸マンションは 通勤で電車を使用する人には、魅力的なのは当然の基礎知識です。 駅から遠いマンションに住む人は、家に帰るだけでも一苦労です。

特に帰宅時間が遅い人は、バスが少ないので、電車を降りたら 走っていかないと20分、30分待ちになったり、終電に乗れ てもバスが終了していたり、タクシーがこんでいて乗るのに待たされる なんてことは日常茶飯事です。そんな煩わしさを解決するのが、 賃貸マンションの種類でも駅直結の賃貸マンションなのです。 案外知らない方も多いので、賃貸マンションの種類の基礎知識として 覚えておくと特をしますよ。

この賃貸マンションの種類は駅構内と直結しているので、駅に着いた=家に着いたも 同然というの基礎知識ですよね。この賃貸マンションの種類だと仕事で疲れた体で、 走ったり、雨の中バスを待つ必要もないのも、嬉しい基礎知識です。 また、この賃貸マンションの種類では駅構内に百貨店やスーパー、 など、お店がありますから、主婦層にとっては買い物にも便利なのも基礎知識です。

 すぐ近くで自由に買い物ができる
買い物をする女性

この賃貸マンションの種類なら休日、腰が重いお父さんに車を出させる必要が ないのも基礎知識です。なぜなら、このこの賃貸マンションの種類は、お母さん一人でも すぐ近くで自由に買い物ができるからです。お母さんにとってもこの賃貸マンションの種類は 基礎知識として知っておくと特ですね。ただ、この駅直結賃貸マンションという種類のデメリットは、 電車や人通りの音などの騒音問題がある、というのも基礎知識として必要です。 この賃貸マンションの種類の構造上、防音対策は整備されているはずですが、 契約前に、この点を念入りに調べる必要があるのも基礎知識です。一番気になる騒音問題の確認を 怠って入居してみてから後悔する人、というのは本当に後を絶えないほどいるのです。できれば、一晩住んでみて音を確認するのが よいのですが、それは無理なので、出来る限り、音がすると考えられる時間帯に訪れてみて騒音のチェックをしましょう。 また、お隣さんなどからの音も大きな問題なので、そのあたりもチェックしておく必要があります。その場所に一泊は無理でしょうから、近くの ビジネスホテルなどで様子をみてみるとよいです。そうすれば、日中と違う夜間の状態まで細かく知る事が出来ます。 昼は人通りが多く、安全でも夜に怪しい人たちが徘徊している、というのもよくあるケースなのです。全く知らない土地などでは 特に治安面など実際に夜の状況を体験しないとわからない部分ですが非常に重要です。昼は普通の街に見えて、夜になるといきなり危険地域に なっている場合もよくあるからです。

相互リンク
http://www.js-iijima.jp/
http://k-datsumo.com
http://xn--1sq5l29g5ufyzmdp9e.com
http://www.tsukahara-clinic.com/

オール電化賃貸マンション

キッチンイメージ

次はオール電化マンション賃貸マンションです。この賃貸マンションの 種類は基礎知識として、エコキュート、IHクッキングヒーターなどを利用し、ガスの設備がない 賃貸マンションの種類になります。今までの賃貸マンションの種類では、ガスを使っていた部分を すべて電気使用にすることで、火事の心配のない生活ができるというメリットがあるのも 基礎知識です。また、オール電化賃貸マンションという種類は、ガス代がかからない上に、 夜間電力を使うので電気代も安くなるというメリットも基礎知識として知っておくとよいです。

また、オール電化賃貸マンションという種類は、先の通り、次世代給湯器と言われるエコキュートを 使っているのが基礎知識でしたよね。エコキュートはヒートポンプの原理でお湯を沸かすので、 地球温暖化の原因である二酸化炭素の排出が少なくなるので、地球に優しいということで 注目を集めているというのも、オール電化賃貸マンションの種類の基礎知識として 知っておくと良いです。

 直接火が見えないIHでは調理がしずらい
IH調理器

ただし、オール電化賃貸マンションのエコキュートの室外機のスペースの問題や、 交換費用が高いなどのデメリットもあるというのも基礎知識として必要です。 またオール電化賃貸マンションの種類のエコキュートの他のデメリットとして 水圧が弱くなる、というのも基礎知識としてしっておきましょう。

また、オール電化賃貸マンションの種類にあるIHクッキングヒーターのデメリット も基礎知識として覚えておきましょう。このデメリットはやはり、使い勝手でしょう。 どうしてもガスでなれている日本人。直接火が見えないIHでは調理がしずらい、という かたが多いのが現状のようです。これは何十年と火を直接みて、料理をしていく、という風習がずっと続いた 日本人にとっては初めは慣れないものですので、仕方がないのかもしれません。しかし慣れてしまうと火災の心配がガスよりも 少なく、温度調整も楽なIHが手放せなくなってくるものなのです。ただお子様は火が直接見えないので、触ってしまい、やけどする ことがありますので、この点は注意です。大人でも油断しているときにこのihで大やけどを負ったというケース も報告されています。これらに対する対策はまだ完全とは言えないので、自分でなんらかの対策を考える必要があります。


相互リンク
http://osaka-mens-datsumo.com/
http://abe-jim.com/
http://blanc-homme.com
http://momi-lg.com/esthetic/6

外断熱賃貸マンション

最後は外断熱マンションという種類の賃貸マンションの基礎知識をご紹介します。 地球温暖化の問題の中、省エネルギーが強化されています。賃貸マンションの種類に 関わらず、建築にとって断熱材は欠かすことの出来ない材料というのは当然の基礎知識ですよね。 断熱材とはその名の意味するように、賃貸マンションの断熱性を高める材料です。断熱性が高まるということは外に室内の空気が でにくい構造になっているので、その分、電気代もお得になるというのもで、非常に便利な素材なのです。

これまで大半の種類の賃貸マンションでは、断熱材を建物の内側に入れる のが当たり前でしたが、今は外側に断熱材を利用する外断熱が大変注目を浴び、 この形をとっているのが外断熱賃貸マンションという種類のマンションだということ をまず基礎知識として知っておきましょう。 比較的新しいタイプのものですので、まだまだ採用している賃貸マンションは少ないですが、 基礎的知識としておさえておく必要があります。

 結露対策など色々な面で大変素晴らし賃貸マンション
室内イメージ

外断熱賃貸マンションという種類は、断熱材をマンションの外側に利用することで コンクリートの蓄熱機能が高め、内の温度変化が内断熱よりも少なくなっている のがメリットなのが基礎知識です。わかりやすくこのメリットを説明すると、 外断熱賃貸マンションという種類では、一度暖房や冷房で設定した温度が保たれるので、 暖房、冷房をつけっぱなしにしなくてもよく、電気代が節約できる、ということです。 基礎知識としてしっかり覚えましょうね。省エネの時代でさらに電気代も上がりましたので、このような基礎知識を 身に着けていれば、電気料金値上げにもしっかり対処できるはずです。 今年に入って電気代が1.5倍になり、更に家計は厳しくなる一方です。他の増税も加わってきているので、更に 苦しくなるずです。その中で、このように外断熱賃貸マンションを利用すると、夏や冬など電気代が得に かかる時期に節約できてよいのではないのでしょうか。これから先も更に電気代が高騰することも予想されているのです。 賃貸をかりるさいに、外断熱賃貸マンションを探してみるものよいですね。

また、外断熱賃貸マンションという種類は結露もできにくく、シックハウス症候群の原因 となるカビ・ダニ防止にもつながるというのも基礎知識です。このように、外断熱賃貸マンション という種類は空調費の削減、結露対策など色々な面で大変素晴らし賃貸マンションの種類 の一つだということを基礎知識としてしっかり知っておきましょう。また、省エネなので、 こちらもオール電化賃貸マンション同様に地球にも人にも優しい賃貸マンションの種類の一つだと いうことを基礎知識として知っておきましょう。これまで説明してきた賃貸マンション以外にも 賃貸マンションの種類は数多くありますが、それぞれの特徴などの基礎知識をしっかりもって、 ぴったりの賃貸マンションを見つけてくださいね!時間はかかりますが、ずっと住み続ける家なのです。しっかりと基礎知識を 活用しましょう。そうすれば、自分に一番合った賃貸をみつけることが 可能になりますよ!